子供の身長を伸ばす生活習慣とは?

背を伸ばす生活環境
生活習慣

 

「食べ物と栄養素」
一般的には骨を作るカルシウムがいいと思われがちですが、実際には様々な種類のタンパク質や亜鉛が関係するそうです。タンパク質は肉や魚や大豆、卵など、亜鉛はナッツ類、煮干し、魚介類、牛肉などに多く含まれます。ただし、亜鉛は過剰摂取で中毒性があるため、上記の栄養素も含めながら、バランスの良い食事が心がけたいですね。

 

「適度な全身運動」
身長を伸ばすというと、バスケットやバレーボール等伸縮性のある運動が効果が高いように思われますが、同じ動きを過剰に行うと負荷がかかるため、ひねったり、ジャンプしたり…と全身を使った運動が効果的です。小学生ならば、外に出て遊んで走り回る位がちょうどいい運動にもなります。

 

「十分な睡眠を取る」
寝る子は育つ、と言われている位身長を伸ばすために睡眠は重要です。一説には、小学校までは10時間以上、それ以降は10時間、小学校高学年から中学生は9時間半を目安に取ると、身長を伸ばす為に十分だと言われています。また睡眠の質も重要なので、熟睡出来るようゲームやテレビ画面の見過ぎ、運動不足にも気をつけることが大事です。

 

これらの生活習慣にすることで、遺伝に関わらず子供の身長が伸びやすくなるかもしれません。